toggle

フンカのロゴのこと

水俣のうみ、
そして、
ドラム缶に詰められて埋められている魚たちをわたしはどーーしても外に放ちたかった。
わたしの中で、魚たちに魔法みたいなもんをかけて、もいちど命をもってもらいたかった。
鳥さんになって自由に空にも飛んで欲しかった。てか、それこそ今飛んでると思う!
(埋立地には、メチル水銀のヘドロだけでなく、お魚さんたちも埋められてます。その数ドラム缶300こ以上。)
やっと形にできた!
といいつつ、、、
なんかまだ終わってないです。

この感覚は、すごく何年も前から描きたかった、形にしたかったもの。
だけど、なかなか納得いく作品ができなくって、ずっとずっとねかせていました。
このことについては、これからもわたしはずっと描いていくと思う。

とりあえず自分たちのロゴとして表してみました。

HUNKAくぼやままさこ

私たちの暮らす水俣市ではかつて四大公害病のひとつ「水俣病」が発生しました。
もちろんこれだけではないのは前提で、私たちはそんな水俣が好きです。
たくさんのことを教えてくれる、考えさせてくれる、気づかせてくれる、時には悩んだ時に救ってくれる、「水俣病」があった、そのままの水俣が好きです。

そんな水俣での暮らしは、二人とも「よそもの」にもかかわらず、近所のおっちゃんおばちゃんは陽気に声をかけてくれ、日常のなんてことない話をしては笑って、食べ物を持ってきてくれたり、草木のこと、畑のこと、生き方などをも教えてくれます。
ここには、本当の「豊かさ」があることに気がつきました。

皆さんもそうかもしれませんが、「水俣病」のことは簡単にたやすく話題にしずらかったり、かたっ苦しかったり、なんだかややこしかったりするのも事実。

なんというか、そこを、

身近なことなので、身近に。もっと当たり前に、触りやすく。

だって、どんなにここから離れていようと、この世界に生活する以上、関係ない人は一人もいないです。
みんなで日々考えていきたい。
私たちも日々勉強中、考え中。

何はともあれ、私たちらしく、
素朴な、手描きの線のようなタッチで、やっていこうと思います。
よろしくお願いいたします。